読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

クライヌリッシュ1996 17年 SaGa25周年記念ボトル イスカンダール

f:id:giny:20170124025030j:plain

評価:A+
香りは青リンゴ、シトラス、洋梨、バナナなどの芳醇なフルーティー。飲むとシトラス、洋梨、麦のコクや甘味、ややワクシー、軽いスパイス、樽の軽い渋みが覆う。
 
サガシリーズからイスカンダールです。1年前にどこかで飲んだっきり、久々飲む機会に恵まれました。
クライヌリッシュは95,96,97辺りはよくリリースされているイメージですが、当たり年と言われている97もいいですが、96も当たり年と言われているんでしょうか?結構96も美味しいボトルが多いと思います。
 
サガシリーズロマサガしか知らないのでイスカンダールについては何もわかりませんが、何故ロマサガからはジェラールなんだろうという疑問は残るところです。
それは置いといて、中身の方ですが、噂によるとエージェンシー経由のボトルと聞いたことがあります。香味の方は芳醇なフルーティーなフレーバーだったのですが、飲んでみると香りほどのフルーツはなく、樽感が覆ってきてチグハグ感が否めないものでした。前にどこかで飲んだときはもっとフルーティで美味しいなあと思っていましたので、1年ほどの変化で良くない方向に振れてしまったのかもしれませんし、自分がマイナスを拾うようになったのかもしれません。
確かにエージェンシーと言われればそうかなーと思う香味でしたが、名古屋遠征は良くも悪くも香味の変化を(偶然にも)思い知らされるものになりました。家に1本開けずにおいてあるのを飲みたいところではありますが、どうしようか悩むところです。