ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

ボウモア 15年 OB for WHISKY SHOP W. 54.8%

 

f:id:giny:20170502131935j:plain

評価:A+~A++
香りは生木、ジンジャーシロップ、柿、スイカ、牡蠣の燻製のようなしっかりしたスモークと磯っぽさ。
飲むとジューシーでコクのある口当たり、トロピカルジュース、牡蠣の燻製、濡れた木材、余韻はピーティーやスパイシーで長い。
 
以前大阪にあった、サントリーセレクトショップ、WHISKY SHOP W.向けに詰められたボウモア15年です。2011年リリースで、2400本ほどのリリースだったようですが、2015年位まではネットショップに売られていて、1年半くらい前に各所で続けて話題に挙がったボトルだったと記憶しています。
あれから1年半、90年代のボウモアはすっかり影を潜め、WHISKY SHOP W.もなくなり、当然このボトルもSOLD OUTとなってしまいましたが、ご厚意で少し譲っていただく事が出来ました。
逆算すると95年程の原酒が使われているとのことで、実際に飲んでみると、らしいトロピカル感を感じますし、90年代前半と、しっかり目の香味がメインになってくる後半の過渡期にあるボトルなのかな、と(ボトルスペックを知っているからだとは思いますが)納得出来る香味でした。
 
ボウモアの香味は、ここ30年で言えば大きく4つに分けられるんじゃないかと思います。近年蒸溜のものはあんまり詳しくありませんが…
~80年代:パフューム時代
89~91年:パフュームと90年代前半らしいボトルの混在
90年代前半:93ボウモアに代表されるトロピカルなボトル
90年代後半:96-99年辺りはバランスの良いフルーティー(柑橘感)が目立ってくる
2000年以降:紙っぽさやオイリーが目立つボトルがある
 
このボトルは95年と中間に位置し、どちらかと言うとトロピカル感も感じられ、良いボトルですね。確かに買いと言われていたのも納得のボトルでした。評価は難しいところですが、この時期のボトルすらも貴重になってきており、甘めにつけてしまいたくなりますね。