読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

スプリングバンク 21年 46% 2014年リリース?

キャンベルタウン-スプリングバンク キャンベルタウン 評価S
 

f:id:giny:20161227105754j:plain

評価:S
香りは、バンクらしい木イチゴに始まり、花蜜、シトラスアプリコットジャム、マーマレード。ナッツ、オイル、ローストした麦、軽いピート。飲むとイチゴ、オレンジといった繊維質な果物感や、バンクらしい塩気、オイリー、ピート、軽くミーティ。余韻は長く、モルティさが心地よい。
 
写真がわかりにくくて申し訳無いですが、おそらく2014年リリースのスプリングバンク21年です。今年は各国向けのシングルカスク21年が話題になりましたが、このリリースがよく行くバーではまだ残っていて、すでに5-6杯は飲んでいた気がします。この21年はかなりオールドバンク感があって好きなんです。
 おそらくというのは、2014年だと思うとマスターがうる覚えだったり、ラベルの裏には13/01という謎ロット…。またボトリングとリリースも時期がずれ込んでいる可能性はありそうです。

f:id:giny:20161229055423j:image

最近また飲んだんのですが、以前にも増して木イチゴ感が強く感じられ、往年のオールドバンク感がさらに感じられるようになりました。マスターと「ちょっと昔のバンク感ありますよね?」などで意見交換したりしましたが、同意見のようです。やはりバンクは良いもの詰めてくるなあと感心する一方、ここまで開くとは予想していませんでして、いい意味で裏切られました。
 
以前からそうですが、やはりバンクは良いな!と改めて感心します。来年度テイスティング会などを開く機会があれば、第一弾はキャンベルタウン縛りでやりたいと思っているのですが、その思いを強くしてくれたボトルでした。