ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

ウルフバーン オーロラ 46%

f:id:giny:20170622105434j:plain

f:id:giny:20170622105521j:plain

WOLFBURN Aurora 
Alc:46%

評価:A+
ハチミツとミルクを入れたシリアル、フルーツの缶詰、グァバ、若々しい麦。
飲むとサクサクとした麦芽、エルダーフラワーやアップルといったオーガニックフルーツ、少し酸味の残る浅煎りの豆、わずかに紙っぽさ。

 

ウルフバーンのオフィシャルボトルより、オーロラです。

ウルフバーンは、スコットランド本島北端の街サーソーにある蒸留所で、1821年に創業したが、1877年頃までには閉鎖していた記録のある、短命な蒸留所だったようです。2011年にアンドリュー・トンプソンがグレンファークラスの生産マネージャーを務めていたシェーン・フレイザー、また元グレンリベットのイアン・カ-を率いてオープンさせた蒸留所です。NO AUTOMATIONにこだわり、ボトリングまで手作業という徹底ぶりです。蒸留所の設計はフォーサイス社で、酵母南アフリカのアンカー社のドライイースト、ウオッシュバックはステンレス3基、蒸留器は初留釜がストレート、再留釜はバルジ、ミドルカットが10%程度と絞っているのが特徴的とされます。

オーロラは20%のシェリーカスクがバッティングされているようで、先日伺ったセミナーや、家にあるテイスティングボトルで飲んでみました。若いながらも確かにフルーツ香が混じり合い、若いトゲトゲしさもミドルカットが狭いお陰かあまり感じることなく飲めます。原酒も敢えてライトに振っている感じがあり、ハイランドに寄せた作りをこれからもしていくのでしょう。まだ複雑さはないですが、嫌味のない仕上がりで、これからが大変楽しみなボトルでした。