ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

ハイランドパーク 2000-2015 シグナトリー for TWH 57.1%

f:id:giny:20171012174949j:plainHIGHLAND PARK 2000-2015 
Signatory Vintage for THE WHISKY HOOP
15year old
Alc:57.1%
Matured in a bourbon barrel

評価:A++
香りはフローラルで軽やかな香り立ち。白い花、オレンジ、ホイップクリーム、バニラやハニーシロップ、なめし革やナッツ、ピート。
飲むと香り通りのフローラルやフルーツのニュアンス、麦のコク、オレンジピール、しっかりめのスパイスとピート。

 

そこそこ前のリリースになりますが、ウイスキー・フープよりリリースされた2000年蒸留のハイランドパークです。当時良質な樽でそこそこの価格、短熟だけどいい感じに樽感が効いている美味しいハイパが飲めると、界隈では結構有名になったボトルだった記憶です。この辺りやOMCのロングモーン2000など、良質な樽の短~中熟レンジでリリースする流れが多くなった気がします(不可抗力もそれなりにありそうですが)。

色々ありまして、久しぶりに飲みたいなという気持ちや諸々の事情で開けてみることにしました。

ハイランドパークらしいフローラル感や果実感、ハニーシロップやバニラなどのバーボンバレルで熟成されたニュアンスがあり、しっかりとしていて美味しいボトルでした。やや牛革っぽいニュアンスが目立ちますが、時間経過でこなれていきそうな感じがします。原酒と樽感が上手く混ざりあった、濃厚だけれど重すぎたり太すぎたりしない、バランスの良いボトルだなあと思います。

ハイランドパークのニューポットを以前飲んだことがありますが、ハチミツやサトウキビのようにかなり甘いニューポットなんですよね。もしかするとマスクされているフローラル感もあったのかもしれません。中々オフィシャルは高くて手が出ませんが、安定してハイクオリティのボトルを輩出してくれるハイランドパークは今後も楽しみですね。

malt.hateblo.jp

 

 

アベラワー18年 43% オフィシャル

f:id:giny:20171007140938j:plain

ABERLOUR 18 year old 43%

評価:A+

香りは桃、トフィー、チェルシーのヨーグルトやバタースコッチ。
飲むと蜂蜜、なめし革、針葉樹やベイリーフなどのハーブ。時間経過でスパイシーさが増す。

 

アベラワー地区にある蒸留所、アベラワーのオフィシャルボトルである18年です。ハイランドと表記されていますが、日本の分類ではスペイサイドに入ることが多いと思いますので、ここでもスペイサイドに区分することとします。
アベラワーといえばアブーナなど、シェリカスクシングルカスクを不定期でリリースしているペルノ・リカールの蒸留所、といったイメージでしょうか。集中熟成庫もあるようで、ペルノ・リカールの原酒の多くがこの熟成庫で熟成されているようです。

最近ですと、ウイスキーガロアで高得点をスコアしており、結構気になるボトルでした。バーボン樽とシェリー樽のバッティングとのことで、オフィシャルらしいバランス良い香味が支持されているようです。

結構飲んでいるのですが、何故か家のアベラワーはロット差なのか購入前の保存が悪かったのか、時間経過で針葉樹のようなニュアンスが強くなってきます。これさえなければ結構美味しいボトルなのに…とちょっと自分のところでは悪いところが目立つのですが、バーで飲んだときはそのような印象はなかったので、ハズレボトルを引いたのかもしれません。

個人的にこういう針葉樹のような強いウッディさがあるタイプのボトルは、濃いめのハイボールにするとスパイシーさが気にならなくなります。ウィルキンソンで1:1くらいにすると味は濃厚で嫌なニュアンスが目立たなくなって好きですね。このボトルはそういう飲み方をしばらくしていこうと思います。

宮城峡 2000's 蒸留所限定

f:id:giny:20171007112534j:plain

Single malt "MIYAGIKYO" 2000's
57%

評価:A+

香りはバタービスケット、アプリコットクランベリー、穏やかな麦感、なめし革。
飲むと少し荒い麦のコク、バニラ、プラムやクランベリーのグミ、シナモン、少し強めのウッディネス。

 

皆様大変ご無沙汰しております。
10月に入り職場が変わり結構忙しくなってきたのと、家にネットがつながっておらずすぐに速度制限になってしまうような日々を過ごしています。環境になれるまでは思いの外こんな調子が続いて行きそうですが、宜しくお願い致します。

 

さて、今回は5月のGWに行ってきた宮城峡の限定モルトを飲んでみました。以前もテイスティングしてましたが、半年ほど経ってだいぶ穏やかになりました。

malt.hateblo.jp

malt.hateblo.jp

プラムやアプリコットのような酸味を伴う果実感も程々に、甘くモルティな香味はバターたっぷりのビスケットやトフィーなどを連想させます。

熟成感はなく単調ですが、分かりやすい蒸留所のキャラクターを知るには十分良いボトルだなと再認識しました。スパイシーさが取れてきて、ポテンシャルがかなりでてきたような気がします。

余市、宮城峡といえばモスカテルウッド熟成のものがリリースされましたが、これも近々飲みたいなと思っています。中々休みが取れない生活になってしまいましたが、是非飲みに行きたいものです。

 

アバフェルディ 1991-2012 ゴードンアンドマクファイル コニッサーズチョイス

 


f:id:giny:20170928173521j:image

f:id:giny:20170928173528j:image

評価:A+
香りはハチミツ、バニラ、ハニーシロップ、黄色や赤い花の香り、クルミやピスタチオなどのナッツ、軽くローストした麦。
飲むとスパイシー、香り通りのハチミツ、バニラ、麦の甘み、クルミの渋皮、少しグラッシー。

 

大変永らくお待たせ致しました。引っ越しもまだ終わってはいないですが、何とかブログを更新するような時間が取れました。まだネットが開通していないのでちょっと大変ではありますが、何とか少しずつ再開していきたいと思います。

今回はコニッサーズチョイスより、アバフェルディです。

アバフェルディといえば、昨年はwhisky shop向けの1991や28年オフィシャルなどは大変話題のボトルだったのは記憶にあたらしいと思います。

前から持ってたボトルだったのですが、考えてみると同じ91ビンテージとのことで、そう言えばなーと思い出しました。一段落したので飲んでみることとしました。

香りはアバフェルディらしく良いのですが、飲むと時間経過で渋みが増していくこともあり、まあ値段相応と言えばそうなのかもしれません。ちぐはぐ感がなければ非常に美味しいんですが、価格を考えるとコスパは中々と思います。91の片鱗を感じられるような気がする、そういうボトルでした。時々こういうものでビンテージを確認しておくのも大事なのかもしれませんね。

ご無沙汰しております(近況報告&ブログ開設から1年経ちました)。

もう1週間ほどブログが更新できずにいました。ご無沙汰しております。
単純に飲む時間がなかったり、疲れていたせいか上手くテイスティング出来ない時期が多く、完全にストックがないままの日々が続いたためにこうなってしまっています。

といいますのも、異動が決まりまして、最近の家での活動は引越しのための酒の梱包に追われていました。

あろうことか今までもこれからも賃貸暮らしなのですが、収納スペースに入らないモルトだらけで我ながら困惑しております。

その写真がこちらです。笑

f:id:giny:20170915182458j:plain

基本一箱に6本入ってますが、収納スペースに半分も入りませんでした。これから先どうしようか大変悩むところですが、どうしようも無いですね…笑

 

さて、こんな時期になんなんですが、実はブログを開設して1年経っていました。更新しろよ!というツッコミはさておいて、1年を振り返ると本当に色々ありましたし経験させていただきました。

2月に立てていた目標がこちらでした。

①今年中にテイスティング会を実施、継続的に行えるように計画
②福岡モルト
③積極的な東京・関西出張の導入によるひとりモルトツアーの開催
秩父蒸溜所再訪
⑤まだ行けてない国内蒸溜所ツアー(特に白州・宮城峡)
⑥厚岸と津貫は勘弁してください

 

 ⑥以外は既に全てクリアしていますし、余裕があれば⑥も達成したいところです。この一年でウイスキーの捉え方もかなり変わりましたし、正直1年前の記事を残すのは恥ずかしいくらいなんですが、良き思い出として残しておいています。

意外とドリンカーって儲かる要素が全く無いので、経験できることや小回りが効くことが多いなあとメリットも感じ始めています。ご縁があれば、出来る範囲でドリンカーとして色々とやっていきたいと思っている次第です。

まだ引越しも完全に終わっておらず、面倒な日々は続いているんですが、ひとまず生存報告でもさせてください。日常が戻りつつある頃にまた今までのように再開したいと思います。

giny

 

トバモリー 1995 21年 メドウサイド・ブレンディング ザ・モルトマン 50.9%

f:id:giny:20170904174910j:plain

評価:A+

香りは白い花、ハニーシロップ、チェリー、水飴、程よいクリーム。
飲むと若めのチェリー、ハニーシロップ、バニラ、粘性とスパイシーなニュアンス、少し削った木材、仄かにピート。

モルトマンよりトバモリー1995、21年熟成でのリリースです。

インナー・ヘブリディーズでスカイ島に次いで大きい島、マル島。西ハイランドの先端を切り取られたような形をしており、ハイランドで言うならアードナムルッカンやオーバンの近くにあります。マル島はリゾート地ですが、その北にあるトバモリーが島内の最大都市トバモリーで、その湾岸沿いに同蒸留所が建っています。

1993年にバーン・スチュワートによって買収され、シングルモルトとして販売できるようなモルトを製造する、と方針転換が図られたようです。熟成庫はあまりないため、蒸留所内に一部熟成させているほかは、ブナハーブンや内陸部の熟成庫で熟成されているといわれております。

トバモリーはピーテッドタイプを作っていることも有名で、これをレダイグと言います。今となってはトバモリーよりもレダイグのほうが良く耳にする単語かもしれません。今回は、このバーン・スチュワート買収後の1995年に蒸留されたものになります。

 

香味ですが、熟れていないチェリーやブドウの皮のようなニュアンスや、バーボン樽っぽいニュアンスがあり、結構良い出来に思います。トバモリーカスクの中には、チーズのような酪酸様の香味を発するものもありますが、このボトルに関して言えば、そのような香味はあまり感じられませんでした。いいボトルだと思います。
ちょっと気になるのが、価格。13000円位なら喜んで買えるのになあ…と思ってますが17000円ほどするようです。とは言え、世界的に高騰している手前、今後この程度の価格は当たり前かもしれません。

ブッカーズ フレッド・ノウ セレクト 6年 成城石井向け 62.5%

f:id:giny:20170828132616j:plain

f:id:giny:20170828132637j:plain

f:id:giny:20170828132645j:plain

評価:A++

香りはアップル、ダークチェリー、バニラ、小麦っぽい柔らかい甘み、ホイップクリーム。
飲むとプラム、アップル、マーマレード、焦げ感のある樽、輪郭のあるしっかりしたボディ、少し溶剤、バーボンらしい樽感。余韻は渋みのあるタンニン、コーンの甘み。

 

ここでは珍しく、バーボンの紹介を。

ジムビームのクラフト・バーボンシリーズでリリースされているブッカーズ。ビーム家のブッカー・ノウがセレクトしたスモールバッチがリリースされたのが名前の由来とのこと。2014年にビームサントリーがジム・ビームを買収してますが、その前のリリースで、「for Seijo Ishii」、販売者がアサヒビールと、時代を感じさせる表記です。

このボトルはフレッド・ノウのサイン入りボトルで、どこから手に入れたのか大変気になるボトルですが、そんなにバーボンを飲まない自分でもしっかりとしたバーボンらしい甘味や果実感があり、楽しめました。コーンっぽい余韻があるのがいかにも、という感じですね。

最近、ブッカーズの輸入も一時停止になるような話を聞いたりと、バーボン人気も相応に凄いようですね。プレミアムバーボンがいつまで飲めるのか…という心配も多少ありますが、大規模生産で熟成環境の整っている大手や、各種クラフトディスティラリーなどがどんどん参入してきており、こちらのシーンも楽しみですね。