ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

インペリアル 1995 18年 ザ・テイスター 56.2%

f:id:giny:20170525085513j:plain

評価:A++
香りはオレンジ、洋梨、生クリーム、ハニーシロップ、ベイリーフ、オイリー、チャーした樽、少しジンジャー。
飲むと厚みのある麦感・強いコク、オレンジ、ハニーシロップ、焦がした樽、バニラ、余韻は焦げのある樽感、タンニンやスパイシー。

 

スコッチモルト販売のテイスターシリーズより、吉村氏セレクトのインペリアル 1995年です。

ヴィクトリア女王在位60年を記念し、1897年に設立されたインペリア蒸留所。ダルユーイン蒸留所の第二蒸留所として、トーマス・マッケンジーによる設立ですが、奇しくも設立3年後の1900年には操業停止、1925年にはDCL社に吸収合併という運命を辿ります。子会社のSMD社が運営してましたが、1985年に操業停止、89年にはアライド・ディスティラリー社に売却され、操業再開されましたが、98年ころには再度蒸留停止、2005年にシーバス・ブラザーズ社が買い取り、閉鎖としています。その後跡地にはダルムナック蒸留所が建設されています。今月スコットランドに行った方の写真の中に、グレンファークラスの貯蔵庫にダルムナックの原酒が眠っている写真がありました。ファークラスの貯蔵庫が大きいため、貯蔵庫の貸出もしているためにファークラスにおいてあったようですが、いずれにしてももう操業は開始されているようですね。

さて、テイスターシリーズはお馴染みの吉村氏。日本を代表する著名なテイスターによるセレクトということで、95インペリアルの中でも飛び抜けたボトルを詰められました。しっかりとしたバーボン樽熟成のウイスキーで、ここまで質の高い出来もそうそう無いと思います。今回飲んだ際は、若干焼けた樽感が気になって評価を下げましたが、これは飲むタイミングの問題だと思いますので、もう少し早く飲めばそこまで樽感が目立たずに寄り美味しく戴けたのかな、とも想像します。大変美味しいインペリアルでした。