ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

インペリアル 1995 21年 キングスバリー 51.7%

f:id:giny:20170529182719j:plain

評価:A+

香りはオレンジ、ライムといった柑橘系、煮詰めたカラメル、ブラウンシュガー、ナッツ、コリアンダー、やや穏やかな麦感。
飲むとオレンジゼリー、バニラ、ココアパウダー、黒糖、麦のコク、強めの樽感でスパイシーな余韻。

 

キングスバリーより最近リリースされた、インペリアル1995年、おおよそ21年熟成です。

インペリアル、という名前ですが、所謂皇室御用達ではなく、ビクトリア女王の在位60周年を記念して付けられた名前のようです。無理やり在位60週年に合わせるため、工期が厳しく、また当時のブーム通りの波に乗ったようで、休止・再開、オーナーが変わるなどが次々と起こり、1925年にはDCL傘下に入り、1985年に閉鎖となります。現在はペルノ・リカールがダルムナック蒸留所を設立、と言うのは何度も紹介した話でした。

 

さて、今回のインペリアルですが、キングスバリーからリリースされ、すぐに輸入元完売となった、結構人気のあったボトルのようです。閉鎖蒸留所で、良リリースも多いインペリアルですし、お値段もお手頃でしたので、バーなどでも扱いやすいのかもしれません。

 飲んでみると、去年~一昨年ボトリングのインペリアルとはちょっと雰囲気が違います。少し樽感が強くなり、柑橘や甘味が前面に出てきている印象です。

スペイサイドの中でも原酒の芯がそこまで太くないインペリアルですし、モルティさと樽感がしっかり載る、熟成のバランスがとれていた時期はもう過ぎてしまったかもしれません。それでもいい出来のインペリアルだと思います。恐らくはこれから先95インペリアルはほぼリリースされなくなるような予感がします。好きな人は買えるうちに買っておくべきかもしれませんね。