読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

コンバルモア 1981 ゴードン&マクファイル コニッサーズ・チョイス

f:id:giny:20170426175857j:plain

評価:A+
香り 少し枯れたニュアンス、コニャック、黒糖、カラメル、わずかにソースのようなコク。
飲むと優しいシロップのような甘み、スパイシー、ココアパウダー、強めの樽感。
 
G&Mのコニッサーズ・チョイスより、コンバルモアの1981年です。リリース年はわかりませんが、17年物などが同じようなラベルで販売されておりましたので、だいたいそれくらいのリリースでしょうか。
 
コンバルモアはダフタウンにあった閉鎖蒸留所で、1894年操業開始のものでした。1909年に火災に遭い、その後一時連続式蒸留機でモルトを製造していたようですが、出来上がったモルトがぜんぜん違うものになってしまい、1915年には撤去され、元のポットスチルに戻ったという経緯があるようです。今では常識的に思えることですが、当時のはやりに乗っかったのでしょうか。
1920年代~1930年代にDCL社やSMD社の傘下に入り、例によって1985年に閉鎖してしまいます。その後ウィリアム・グラント&サンズ社が買収し、現在は熟成庫として使われているところになります。
 
あまりたくさんコンバルモアを飲んだ経験はありませんが、飲むとコニャックのような、少し枯れたニュアンスを感じ、香りは甘い感じが漂いました。飲むと単調でスパイシーさが否めませんが、経年変化で見えてきたものかもしれませんね。こういうらしい枯れ感のあるボトルも、たまに飲むには良いなあと思います。