ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

グレンキース 1988 モリソン&マッカイ ビクエスト 42.1%

 

f:id:giny:20171022143704j:plain

CARN MOR BEQUEST

Glen Keith 1988-2017 28 year old
CASK BOURBON BARREL
Alc: 42.1%
#26685, 226 bottles

評価:A++

香りは桃、梨、ハニーシロップ、レモンクリーム、穏やかな麦、華やかな樽香。
飲むとライトボディ、香り通りの桃や梨の果実、バナナオレ、バニラ、穏やかな麦のコク、引き締めるような樽感。
開けたてだが十分なフルーツ感があり、時間経過で開いてくる。

 

モリソン&マッカイ、カーンモアのビクエストシリーズより、グレンキースです。モリソン&マッカイといえば、モリソン・ボウモア取締役のブライアン・モリソンとキーパー・オブ・ザ・クエイクを受賞しているケニー・マッカイがパースシャーに開いたボトラーズですが、現在は蒸留所の建設やモルト栽培なども行っているとのことです。ケニーの息子のピーターがウイスキーの生産工程を専門としているそうで、おそらくピーターが主導となっていそうですが、蒸留は無事開始されているのでしょうか?その後の経過は気になるところです。

さて、様々なボトルをリリースされているモリソン&マッカイですが、今回のビクエストシリーズは2年ほど前にリリースされた新シリーズだったと記憶しています。長熟のプレミアムレンジのブランドとしたいのかなと想像します。今回は日本向けのリリースのようですが、南国フルーツがあるとのことでそうそう話題になっているボトルではないでしょうか。

28年でかなりの度数落ちのボトルで、かつバーボンバレルというスペックですが、よく行くバーで開いたのでいただきました。意外にも嫌味はなく、開けたてから桃や梨といったフルーツ感があり、中々楽しめるボトルでした。度数はかなり落ちていますが、開けたてのせいか飲みごたえがあり、美味しいボトルです。

おそらく時間経過で溶剤っぽさやちょっときつめの樽感などが出てくる可能性があると思われ、個人的には開けたてのほうが自分の好みな気がします。個人的流行とちょっと違うのですが、まあそれは好みの問題ですので、グレンキースや昨年リリースされたBBRのスペイサイドが好きな人などにおすすめな一杯だと思います。