ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

アベラワー18年 43% オフィシャル

f:id:giny:20171007140938j:plain

ABERLOUR 18 year old 43%

評価:A+

香りは桃、トフィー、チェルシーのヨーグルトやバタースコッチ。
飲むと蜂蜜、なめし革、針葉樹やベイリーフなどのハーブ。時間経過でスパイシーさが増す。

 

アベラワー地区にある蒸留所、アベラワーのオフィシャルボトルである18年です。ハイランドと表記されていますが、日本の分類ではスペイサイドに入ることが多いと思いますので、ここでもスペイサイドに区分することとします。
アベラワーといえばアブーナなど、シェリカスクシングルカスクを不定期でリリースしているペルノ・リカールの蒸留所、といったイメージでしょうか。集中熟成庫もあるようで、ペルノ・リカールの原酒の多くがこの熟成庫で熟成されているようです。

最近ですと、ウイスキーガロアで高得点をスコアしており、結構気になるボトルでした。バーボン樽とシェリー樽のバッティングとのことで、オフィシャルらしいバランス良い香味が支持されているようです。

結構飲んでいるのですが、何故か家のアベラワーはロット差なのか購入前の保存が悪かったのか、時間経過で針葉樹のようなニュアンスが強くなってきます。これさえなければ結構美味しいボトルなのに…とちょっと自分のところでは悪いところが目立つのですが、バーで飲んだときはそのような印象はなかったので、ハズレボトルを引いたのかもしれません。

個人的にこういう針葉樹のような強いウッディさがあるタイプのボトルは、濃いめのハイボールにするとスパイシーさが気にならなくなります。ウィルキンソンで1:1くらいにすると味は濃厚で嫌なニュアンスが目立たなくなって好きですね。このボトルはそういう飲み方をしばらくしていこうと思います。