ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

東京遠征回想 その①

前述の通り、テイスティングのストックがなく禁酒していたので、たまには備忘録として飲んだボトルを並べてみようと思います。7/28-30まで3日間、1泊3日でずっと飲んでいました。今回は簡単に一言感想を書きながら振り返っていこうと思います。

 

7/28

仕事を終え、駅まで車を飛ばし(自宅から駅まではかなり遠いんです)終電の新幹線で東京駅に着き、そのまま山手線で有楽町へ。
死ぬまで飲む勢いだったのですが、本調子ではなかったのでゆっくりと飲ませていただきました。
朝まで飲めるまで飲ませていただきましたが、素晴らしいモルトばかりで感動いたしました。多少無理しても来てよかったと思える、素晴らしい日でした。

 

1.マクファイルズ ピュアモルト 1945

f:id:giny:20170804124107j:plain

終戦の年にリリースされたオールドボトル。
40年台のモルトを飲むのは2回めで、前回はコテコテシェリーのストラスアイラでしたが、経年変化にもかかわらずしっかりとした麦感やアーシーなニュアンスが特徴的でした。すごいボトルでした。

 

2.マキロップチョイス ジュラ 1966

f:id:giny:20170804124742j:plain

f:id:giny:20170804124715j:plain

赤いフルーツやちょっとしたオイリーさもあり、複雑で美味しいボトルでした。

 

ジャコーネのグレンファークラス21年。加水。

f:id:giny:20170804131422j:plain

これも素晴らしいですね。優しいフルーツ香にオールドのシェリーがきれいに主張してきますが、しっかりとしたファークラスらしい麦感や土っぽさも顕在しており、そのバランスが絶妙に感じました。状態も抜群でしたし、素晴らしいボトルでした。

 

グレンリベット エクスポート

f:id:giny:20170804131854j:plain

個人的に驚いたボトルの一つ。

70年台のリベットで、以前に2度ほど飲んでいましたが、今回飲んだのはいままでと全く違うものと言ってもいいくらいの感動でした。

オールドっぽいシェリー感やフルーツ感に程よいタンニン感。これがグレンリベットか…と言わしめるような素晴らしいボトルでした。ものすごい状態も良かったです。

 

ボウモア バイセンテナリー 正規輸入品

f:id:giny:20170804132156j:plain

f:id:giny:20170804132200j:plain

人生レベルでトップクラスに入るモルトと言っても過言ではないくらいの素晴らしさ。トロピカル感もそうなんですが、シェリーやレザー感も複雑に混じり、言語化しようとしても感情が先行してしまうような、それくらいの素晴らしさ。慈悲深いモルトでした。

 

グレンファークラス 1977 for TWH

f:id:giny:20170804132713j:plain

ウイスキーフープ向けの77ファークラス。

プレーンカスクとのことですが、程よいフルーツ感にプレーンらしいピーティなニュアンスがあり、複雑でかなり美味しいボトルでした。

ファークラス、フープでいかれる度に素晴らしいカスクに出会えているようで、今の時点でこれだけ素晴らしいカスクがReleaseされていて、今後が楽しみでなりません。

 

ロングモーン 1975 EX-BOURBON HOGSHEAD TWA STILL LIFE

f:id:giny:20170804133422j:plain

f:id:giny:20170804133425j:plain

スティル・ライフシリーズの75ロングモーン。このあたりのロングモーンはシェリーが多い印象ですが、こういうスペックもあるんですね。嫌味のない美味しいフルーツ感がたまらなかったです。

 

タリスカー リンブルグウイスキーフェア向け モルトオブスコットランド

f:id:giny:20170804133921j:plain

1994-2012のタリスカー。リンブルグウイスキーフェア向け。

リフィルシェリーとのことでですが、少しミーティーなのが印象的でした。タリスカーらしい潮感やフルーツ感もあり、美味しいボトルでした。

 

スキャパ 蒸留所限定 2017年ボトリング

f:id:giny:20170804134246j:plain

f:id:giny:20170804134257j:plain

2006-2017年のスキャパ。リフィルシェリーバットとのことですが、程よいプラムのような果実感やシェリー感があり、なんとも美味しいスキャパでした。こういうの家にあると幸せな気がします。

 

グレンロセス 2006 67.2% #5454 for UK

f:id:giny:20170804134539j:plain

UK向けのグレンロセス。これは買いましたのでいつか飲んだときに記事にしようと思っていますが、バナナのようなニュアンスを感じ、複雑さに寄与している気がします。

まだまだハイプルーフで飲みごたえも抜群なのですが、経年変化でどうなるか気になるところです。秩父でも似たようなニュアンスを感じたことがあるような。今でも十分美味しいですし、今後が楽しみなボトルです。

 

グレンスコシア 25年

f:id:giny:20170804135037j:plain

アメリカンオークで熟成された25年、まだ本国にしか発売されていないようですが、£250くらいだった気がします。

さらっとテイスティングコメントを書いていたので後日紹介する予定です。

 

 

スプリングバンク 1995 ポートカスク

f:id:giny:20170804135335j:plain

£300くらいで本国で発売されている、95年蒸留のポートカスクスプリングバンク

詳細は聞いていませんが、向こうのネットショップで売っています。

チョコレートやプルーンのような見た目通りの香味で美味しかったです。

 

長くなってしまったので続きはまた今度書きます。