ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

クライヌリッシュ 1982-2010 27年 ウイスキーエージェンシー パーフェクトドラム 55.1%

f:id:giny:20170620004139j:plain

Crynelish 1982-2010 27years
The Whisky Agency / The Perfect Dram 
Alc: 55.1%
CASK: BOURBON HOGSHEAD
O/T:236bts

評価:A++
香り 青リンゴ、ピーチ、ナタデココ、ヌリッシュらしいワクシーさと心地よい穏やかな麦感、麦汁の甘み、ややしっかりめのバニラ、ウッディネス。
飲むと香り通りの果実香、洋梨やリンゴのタルト、メロンのクリーム掛け、ハニーシロップ、口当たりはジューシーで濃厚、穏やかな麦感、少しグラッシー、生姜、やや強めのウッディネス。

 

ウイスキーエージェンシーより、過去にリリースされたクライヌリッシュ、当たり年と言われる1982年より27年熟成のものです。

クライヌリッシュはリリース数も多いですが、自分が知っているものでリリースが多い年は、
1972、1982←今回
1989、(1993)、1995、1997←イマココ
といったところでしょうか。
これがリリースされた時期はまだウイスキーに精通していない時期でしたが、スリーリバースさんの音符シリーズなどでも82ビンテージが出るなど、所謂当たり年といって良いビンテージかと思います。

実際に飲むと、青りんごやピーチ、少しナタデココのような中華デザート感や繊維質のある果肉かんもあり、またしっかりとワクシーもみられ、クライヌリッシュらしい出来だと思います。飲んだ時の余韻がややスパイシーが強いですが、それを差し引いても良い出来だと思います。自分は72や95のどっしりした感じが好きですが、この比較は好みの問題で比較するのも野暮かもしれませんね。何れにせよ美味しいボトルでした。