ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

スプリングバンク ローカルバーレイ 1999-2016 16年 54.3%

f:id:giny:20170619164241j:plain

f:id:giny:20170619164249j:plain

Springbank local barley 16 years old Spt. 1999- Jan. 2016
Barley source: Low Machrimore Farm
Barley type: Prisma
O/T: 9000
Alc: 54.3%

評価:A++~S
香りは白い花、フレッシュな麦感、ライム、オレンジ、イチゴやクランベリー、塩感やミネラル、弱めの土っぽいピート。
飲むと濃いめのオレンジジュース、フレッシュなイチゴ、シトラス、グレープフルーツ、しっかりとした麦の香味、嫌みにならない程度の樽感、しっかりめのブリニー、余韻は内陸の土っぽいピート、少しタール、粉っぽいテクスチャー。

 

スプリングバンクより、ローカルバーレイ、昨年リリースされたものです。
ローカルバーレイシリーズは過去に幾つか出ていたようですが、暫くローカルバーレイでの仕込みはしていなかったとのこと。1999年よりローカルバーレイでの仕込みが復活し、2016年に復活第一弾がリリースされました。

リリース当初は国別で味が違うんじゃないかという話がありましたが、どうだったのでしょうか。恐らく開くまで時間がかかるタイプでしたので、その影響もかなりあるんじゃないかと思います。

ホームバーで開いていて、ゆっくりと減っていくのを飲んでいましたが、開けたてのころにはピーティ、ブリニーが前面に来ていた記憶があります。

頃合いをみて何度か注文し、この前久しぶりに飲んだところでテイスティングしました。自分の感じ方も変わっていることは否めませんが、それを差し引いてもかなりいい感じになってきたように思います。

植物感やしっかりとした麦の香ばしさに、ライムやオレンジといった柑橘類、イチゴやクランベリーといったフルーツ感の香り、飲んだら濃厚なオレンジジュース(みかんジュースのほうが近いかもしれません)といったかなりフルーティーな要素に、バンクらしいブリニーやピートも見えてきました。

結構評価が分かれるボトルのようですが、かなり良いウイスキーだと思います。一方でスプリングバンクのピートを強く感じる方は苦手なボトルかもしれません。点数を付けるなら自分の中では90点くらいと捉えていて、大体Sになるかどうかと言ったところと判断しています。好みは分かれそうですので、敢えて幅をもたせた評価にしています。じっくりと付き合っていく中でどんどん良いところが見えてくるボトルだと思いますし、これからもどんな変化を見せてくれるのか、もっと美味しくなってくれるような気がして、今後が楽しみなボトルです。

なお、2017年にもローカルバーレイがリリースされており、これは見かけたら問答無用で飲むべきボトルです。2016年よりもフルーティーさがわかりやすく、より万人に分かりやすいフルーティーさだと思います。

しかし続けざまにこのクラスのニューリリースを連発するスプリングバンクは本当流石ですよね。皆様も是非見かけたらじっくりと飲んでみていただきたいモルトです。