ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

ヘーゼルバーン 2003-2017 13年 オロロソ・カスク・マチュアード 47.1%

f:id:giny:20170530160132j:plain

評価:A+

香りはプラム、メロン、柔らかいシェリーの甘み、しっかりとした麦感、岩牡蠣のようなミルキーやブリニー。
飲むとしっかりとしたコクの有る麦感、プラム、オレンジ、炙った貝、ドライオロロソ、バニラ、少しピーティ、スパイシーで余韻は短め。

 

スプリングバンクのブランド、ヘーゼルバーンより、2003年~2017年の13年熟成、オロロソカスクのバッティングです。

元々ヘーゼルバーンとはキャンベルタウンにあった、最大規模を誇っていた蒸留所ですが、1925年に禁酒法の煽りを受け閉鎖、竹鶴政孝が研修していたことでも有名と思います。現在は殆ど生産棟は壊されているようですが、スプリングバンクのブランドで、ノンピート3回蒸留のものをヘーゼルバーンというブランドで販売しています。

飲んでみると今時のシェリー香もそうですが、バンクらしい強めの磯っぽさを感じ、まるで岩牡蠣のような印象を受けました。バンク好きなら楽しめると思いますし、今後の変化も楽しみにしたいですね。