ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

スプリングバンク 10年 ニューラベル 英国向け 2017年リリース 46%

f:id:giny:20170529222721j:plain

評価:A++
香り ブラッドオレンジ、ハーブ、少しパイナップル、しっかりと太い麦感、焦げた穀物、魚醤、タール。
飲むと香り通りのしっかりめのオレンジ、ババロア、太い麦のコク、バンクらしいタールのようなピート、魚介だし、クローブ、余韻はウッディで、粉っぽいテクスチャー。

 

スプリングバンク1828年、アーチボルト・ミッチェルの非合法蒸留所の跡地に、姻戚関係にあったレイド家のウィリアム・レイドが創立したとされています。アーチボルト・ミッチェルにはウィリアム、ヒュー、ジョンという息子がおり、1837年にはウィリアム・ミッチェルとジョン・ミッチェルがJ&W ミッチェル社を設立し、J&Wに経営権が移りました(ヒューはアーチボルトと共に、1825年にリークラハンRiechlachan蒸留所を設立しています)。

その後、ジョンとウィリアムが対立、ウィリアムは独立し1872年にグレンガイル蒸留所設立します。ジョンは自分の息子のアレクサンダーを共同経営者として率いることつぃ、J&Aミッチェルを設立し、今日まで至ります。現在では数少ない独立資本の蒸留所ですが、伝統を守るウイスキーとして、今日まで至っています。

また、1969年にはボトラーズのケイデンヘッドを買収し、ボトリング設備も備えています。

スプリングバンクのマネージャーには、2001年まではあの有名なフランク・マッカーディ氏、2002年からはスプリングバンク、2004年からはグレンガイル蒸留所のアドバイザーを務めていたとのこと。現在のマネージャーはキャンベルタウン出身のギャビン・マクラクラン氏です。

 

さて、このスプリングバンクですが、今年に入り英国向けにリリースされたボトルのようです。21年などはこのラベルになっていましたが、今回から10年もこのタイプのラベルになったようです。周りでの評判も良く、飲んでみたいとずっと思っていましたが、今回願いが叶い、さっくりとテイスティングしてみました。

飲んでみると、しっかりめのオレンジや淡いトロピカル感に、バンクらしいタールっぽいピートがあり、飲んでみるとクリーミーさもあり、まるでババロアのようなフルーツデザートを感じました。加水ですがしっかりと飲みごたえがあり、これがオフィシャルの10年でリリースされていることに驚きを感じます。バンクは経年変化でどんどん良くなっていくイメージがありますが、恐らくこれもどんどん良い方向に触れていくのだろうと思うと、買えるだけ買っても良いボトルでしょう。日本入荷の時期は不明ですが、久々に買いだめしたくなるような驚くリリースでした。