読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

ブルイックラディ 1992-2013 21年 エイコーン ナチュラル・モルト・セレクション 57.0%

f:id:giny:20170412125305j:plain

評価:A++

香りは綿飴、オレンジ、バニラ、少しナッティ、しっかりとした強い麦感、質の良いオーク、少し泥付きの野菜。

むと粘性は強く、甘みの強いオレンジ、角砂糖、バニラ、ミネラルのサプリメント、嫌みのない良い樽感、余韻はスパイシーでナッティ。

 

エイコーンさんより、2013年ボトリングのブルイックラディ 1992年蒸留です。

1881年創立のブルイックラディですが、所有者は創立当初から転々とするなど、複雑な歴史を持った蒸溜所になります。1968年にインヴァーゴートン社が買い取り、1975年にはポットスチルを4つに倍増するなどの増築がありましたが、その後1980年代半ばに一時操業停止、1993年にはホワイトマッカイ社に売却、1995年~1998年には操業停止になるなど、不遇の時代も辿った蒸溜所です。99年ころよりジム・マッキューワン氏がマーレイ・マクダビッドがJBB社から買収し、2001年春に蒸溜所を完全リスタートさせました。リスタート後はピーテッドのポートシャーロットやオクトモアをはじめとする、意欲的なリリースが多くありました。2012年にはレミー・コアントロー社が買収しましたが、概ね今まで通りの方針を続けているようです。

 さて、最近1980年代後半~1993年あたりの、一度操業停止から復活した当たりのボトラーズがポツポツとリリースされていますが、これもその一つ、エイコーンさんのボトルです。偶々池袋のセレクトショップで試飲して買った一本ですが、その次の日には有楽町でこのウイスキーの話題になっているなど、愛好家の中でも評価の高い一本だったようです。

 先日開けましたのでテイスティングしましたが、かなり良くできたバーボン樽(と思われる)ラディです。嫌なニュアンスが殆どなく、この辺りのビンテージでは一番の出来かもしれません。価格も比較的お手頃なのがうれしいです。この時代のノンピートのラディは自分好みの物が多い印象を受けます。たまにオフフレーバーがあるボトルもありますが、このボトルに関しては買いのボトルと言っていいでしょう。

以前飲んでいたウィルソン&モーガンブルイックラディもかなり美味しかったのですが、これも負けじと、というよりこちらのほうが美味しいかもしれません。また飲み比べしてみようかと思います。

 

malt.hateblo.jp