読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

タリバーディン 1993 23年 48.7% Sakura

ハイランド ハイランド-タリバーディン 評価A+

f:id:giny:20170405130256j:plain

f:id:giny:20170405130439p:plain

※2枚目の画像はsaketryより転載

評価:A+
香りは柔らかく甘い。ミルクキャンディー、バニラ、オレンジピール、少し青草や花びら。
飲むと滑らかな口当たりに、甘さ控えめのビターなミルクココア、少しあとからバニラシロップ、スパイシーやハーブ。
フィニッシュは樽のエグミや草っぽさ、少し粉っぽい。
 
先日リリースされたスコッチモルト販売さんのボトル、Sakuraシリーズより、1993 タリバーディンです。
 
 20世紀最初に設立されたスコットランドの蒸溜所として、1949年にジュラやマクダフ、グレンアラヒーなどを手掛けていたデルム・エバンスにより設計された蒸溜所で、その後すぐに買収されています。1971年にはインバーゴートン社がオーナーとなり、1973年には増築されましたが、1993年にホワイトマッカイに買収、94年からは暫く操業停止の時期が続いていました。2011年にワイン商のメゾン・ミッシェル・ピカールが買収し、以後シングルモルトのリリースを目標にリリースを行う方針となりました。現在はワインカスクフィニッシュなどのフィニッシュものや、ハイランドクイーンへのブレンドなどを行っています。
 蒸留所内にボトリング施設を持っている数少ない蒸溜所の一つであり、ハイランドクイーンやコストコ向けのカークウォールのウイスキーのボトリングなどを行っているようです。
 酒質は南ハイランドらしい軽さやグラッシーさを伴っているものが多い印象です。エヴァンスが設計した独特の構造によるものなのか、地域性なのかはわかりませんが…
 
 さて、この度シークレットヤングアイラと共にリリースされたSakuraシリーズのタリバーディンですが、サンプルの量しか飲めていませんが、結構美味しいボトルでした。香りは最初フルーティーでしたが、時間経過でミルクキャンディーやバニラなどのらしい香りが前面に出てきており、またタリバーディンらしい草っぽさが梅の花のように振れるようにも感じました。樽感やえぐみがあってスパイシーではありますが、タリバーディンとかにある草っぽさがそんなに強くなくて、度数も程良く落ちて飲み頃と思います。やや樽のネガティブさも感じられるので微妙なニュアンスが全く無いわけではないですが、程よいらしさがあります。個人的にはこういうボトルは好きです。
SAKURAというネーミングセンスがしっくり来る、良リリースだと思いました!