ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

アードベッグ スーパーノヴァ SN2010

f:id:giny:20170223131835p:plain

評価:A+

香りは、注いだ先から広がる強烈なピート、乾燥させた麦、焦げ目が付くほどに焼いた青魚、オレンジオイル、レモン。
飲むと最初はまろやかな口当たりで、魚介のだし、レモン、シトラスの後に強烈なピート感が襲う。余韻は非常に長く、スパイシー。
 
アードベッグの2010年限定品である、スーパーノヴァSN2010です。
1815年とラフロイグと同じ時期に創業したアードベッグですが、ラフロイグとは異なり、現在に至るまでは至難の道だったようです。
創業者はジョン・マクドーカルで、100年ほどはマクドーカルによる経営がされていましたが、20世紀からはオーナーの変化があり、生産が不定期になっていきました。
1979年にはフロアモルティングの廃止、1980(83年説もあります)-1989年までは生産停止、その後は年に2-3ヶ月、ラフロイグの職人が細々と蒸留していたようです。
1997年にはアライド・ディスティラリーズ社からグレンモーレンジ社に買収、その後生産量は増大し、2004年からはMHD社による運営を受けています。
ウオッシュバックはオレゴン松6基、ポットスチルが1対ですが、再留器にピュアリファイアー(精留器)が取り付けられており、それがフルーティーさに寄与しているとも言われます。
 
さて、このアードベッグですが、スーパーノヴァというヘビーピートなモルトを最初に出したのが2009年、それが好評で2010年に第2弾として発売されたボトルでした。
当時は結構な数字だった100ppm!という圧倒的ヘビーピートで、このボトルも人気でしたね。
その後、コミッティー向けに2014,2015と細々と販売されている、人気のシリーズです。
 
家にあるスーパーノヴァは2010しかないのですが、開栓から3年近く経過してしまってることもありますが、まだまだ元気なモルトです。
開けたてはもうあんまり覚えていませんが、今飲むとヘビーピートはそのままですが、オレンジやレモン、シトラスといった柑橘感がメインです。
2009の開けたてはシェリー感が程よく感じられ、結構好きなボトルなんですが、これはこれでアードベッグらしく、今でも美味しく飲めます。開けたての2010なんて暫く飲む機会ないでしょうし、どうだったかあまり思い出せないですが、こうなった現在も美味しいモルトです。
ただ注いだ先から部屋中にピートが溢れ出るのは考えものですね…