読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

スプリングバンク 70年代流通 43% 特級 陶器ボトル

オールドバンクらしい味で、そこそこの状態で良かったです。

f:id:giny:20161108223106j:plain

評価:A+

香りはオールドのバンクらしく、イチゴジャム、 ピーナツクリーム、 オールドらしい麦感、 土、オレンジ、マスカットのようなフルーツさも奥にある。飲むとすっきりとした麦の甘み、イチゴ、オレンジ、後から草っぽさ、ほのかにピートが出てくる。余韻は長く、軽やかで優しい甘みが残る。
 
有名な陶器ボトルのスプリングバンクです。酔った勢いでオークションをポチポチしてたら手に入っちゃったボトルの一つで、そこそこの安値で買えたのに「買っちゃったか…」と思っちゃうダメなやつなんですが、忙しかった仕事が一段落したついでに開けることにしました。途中コルクが粉砕するなどのトラブルこそありましたが、なんとか救出して飲んでみた次第です。
 飲んでみるとやっぱりオールド、特に60年代のスプリングバンクらしい、イチゴ感というべきような香りがあり、これがオールドバンクだったな、と再認識。飲んだら意外とスッキリしているんですが、それでも十分楽しめるバンクでした。おそらく状態はマシな方だと思います。
 オールドボトルは当たり外れのアレがありあまり買わない方ですが、今回は久々に買って良かったなーと思わえるボトルでした。