ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

トマーティン カスクストレングス 57.5% OB

ケミカル、フルーティーなニュアンスは、近年リリースでも確かにありました。

f:id:giny:20160928210716j:plain

 

評価:A


香り ニューポットを思わせる発酵槽の香り、麦感、アルコール、ライム、レモン、ハニー、僅かに桃
飲むと若々しいニューポット感、アルコール、コク、ケミカルやフルーティーが後から出てきて、プラム、桃、ハチミツなどの甘い余韻が残る。

 

 蒸留所訪問記書くんじゃねーのかよ!というツッコミはさておいて、ちょっと気になることがあったのでつい…

→書きました。

malt.hateblo.jp

 近年リリースのオフィシャルより、トマーティンのカスクストレングスです。先日、某方より「トマーティンのケミカルさやフルーティーさはハウスモルティングの要素と思われる」といった内容の指摘を受けまして、試しに飲んでみました。


 実際飲んでみると、トップノートはかなり若々しく、某ジャパニーズのクラフトウイスキーなどにみられるような感覚を憶えましたが、あとからフルーティーさが出てきて、これは確かに「らしさ」を感じます。

 個人的にもう少しの熟成感が欲しい所ですが、若い原酒でもそれらしさを感じさせる要素があることは確認できたので、これはこれでありだなーと思います。しかし為替の関係もあるとは言え、値段と中身が全く釣り合っていない感は否めず…。同じ価格なら、トマーティンに拘らなければケイデンとかの適当なカスクを買ったほうが幸せになれるんじゃないか、と思ってしまうのが正直なところです。勉強にはなりましたが、サンプル自体は結構残念な印象を受けます。