ウイスキーラヴァーの日常

シングルモルト、ウイスキー好きのサラリーマン(20代)が、ウイスキーを通じて感じたこと、思ったこと、考えたことなどを綴るブログです。

タリスカー 2008-2014 6年 ヘップバーンズ・チョイス 59.7%

 週末は小旅行に行っていまして、記事を書く暇が全くありませんでした…。モルト旅行ならまだしも、週末は朝から夜まで運転手でしたので、飲む暇がまったくなく、食と仕入れに徹していました。

道中は下のブログに書くこととして、テイスティング記事をせっせとアップしていきます。

giny.hatenablog.jp

f:id:giny:20170408124616j:plain

 
評価:A++
香りは生搾りのグレープフルーツやシトラスのジュース、ハニーシロップ、バニラ、しっかりとした麦のコク。
飲むとオレンジ、ハニーシロップ、グレープフルーツ、磯っぽさとスモーキーなピート、余韻は長く、スパイシー。
 
ハンターレインの子会社、ラングサイド・ディスティラーズからはタリスカー6年です。茨城は鹿島に3店舗構える、パブリックバー アイランズさんの10周年記念にボトリングされたものです。何故かホームバーにあり、久しぶりに飲む機会がありましたのでテイスティングしてみました。
 
タリスカーは説明不要のスカイ島の蒸溜所で、1930年にマッカスキル兄弟により設立され、その後所有が転々としますが、1989年にダルユーインと合併、再建され1925年にはDCL社の傘下に入ります。1960年には一度大規模な火災が発生していますが、ポットスチルは忠実に再建され、現在MHDの主要なモルトウイスキーとして、生産がなされています。
 ポットスチルは初留2基、再留3基と変則的で、更に初留器のラインアームがU字型に曲げられており、このためにパワフルなスピリッツが出来ると言われています。
 
 スカイ島はかつて幾つか蒸溜所があったようですが、現在はタリスカー蒸溜所のみ…と言われていましたが、最近トラベイグ蒸溜所が出来たようです。こちらも稼働しているとのことで、今後が楽しみです。
 
さて、このタリスカーですが、開いたのが1年くらい前だったと記憶しています。開けたてはかなりスパイシーで若い印象でしたが、今飲むと思った以上にフルーティーで、シトラスの香味が広がる、美味しいモルトでした。グレープフルーツやシトラスの香味、磯っぽさなどは、中々6年ものとは思えないバランスの良さでした。開栓後の変化で、今はかなりいい方向に振れていると思います。以前より美味しく、突き抜けたいっぱいに思えました。Bar Islandさん、伺ったことはないですが、機会があれば行ってみたいなと思える、そんな周年ボトルでした。

カネマラ 22年 46%

f:id:giny:20170406112759j:plain

f:id:giny:20170406112753p:plain

※2枚目の画像はAmazonより転載

 
評価:A+
香りは華やかで、ハニーシロップ、バニラ、焼けている木材、カリカリの梅、アーシーでピーティー。
飲むとさらりとした口当たりに、ハニーシロップ、オレンジ、バニラ、焼きカラメル、木のえぐみ、焼けた苔やシダ植物のようなピート感、焦げた樽感、ジンジャー。余韻は短く、生木のニュアンス、やや水っぽい。
 
アイリッシュウイスキーのクーリー蒸溜所より、カネマラ22年です。
 
クーリー蒸溜所は、1989年に創業し、ピーテッドタイプの麦芽の使用、単式蒸留器での2回蒸溜など、スコッチウイスキーに近い製法で作られているウイスキーです。一部はキルベガン蒸留所にて貯蔵されています。ピーテッドタイプはカネマラとして出荷されています。
 
このカネマラ22年は、最古のバーホンカスクのバッティングのようですが、それらしいハニーシロップやバニラのようなニュアンスがありました。また木材やアーシーさもあり、一昔前のピート感があります。飲むと樽感が気になりましたが、概ね上手く纏まってる美味しいウイスキーでした。
 
個人的にはこのアーシーさや焦げ感の強いピートはあんまり得意じゃないのと、あわよくば加水ではなくもう少し度数が高ければ…と思うところはありましたが、この時代のカネマラを飲むことが出来満足です。サンプルくださったT様、ありがとうございました!
 

タリバーディン 1993 23年 48.7% Sakura

f:id:giny:20170405130256j:plain

f:id:giny:20170405130439p:plain

※2枚目の画像はsaketryより転載

評価:A+
香りは柔らかく甘い。ミルクキャンディー、バニラ、オレンジピール、少し青草や花びら。
飲むと滑らかな口当たりに、甘さ控えめのビターなミルクココア、少しあとからバニラシロップ、スパイシーやハーブ。
フィニッシュは樽のエグミや草っぽさ、少し粉っぽい。
 
先日リリースされたスコッチモルト販売さんのボトル、Sakuraシリーズより、1993 タリバーディンです。
 
 20世紀最初に設立されたスコットランドの蒸溜所として、1949年にジュラやマクダフ、グレンアラヒーなどを手掛けていたデルム・エバンスにより設計された蒸溜所で、その後すぐに買収されています。1971年にはインバーゴートン社がオーナーとなり、1973年には増築されましたが、1993年にホワイトマッカイに買収、94年からは暫く操業停止の時期が続いていました。2011年にワイン商のメゾン・ミッシェル・ピカールが買収し、以後シングルモルトのリリースを目標にリリースを行う方針となりました。現在はワインカスクフィニッシュなどのフィニッシュものや、ハイランドクイーンへのブレンドなどを行っています。
 蒸留所内にボトリング施設を持っている数少ない蒸溜所の一つであり、ハイランドクイーンやコストコ向けのカークウォールのウイスキーのボトリングなどを行っているようです。
 酒質は南ハイランドらしい軽さやグラッシーさを伴っているものが多い印象です。エヴァンスが設計した独特の構造によるものなのか、地域性なのかはわかりませんが…
 
 さて、この度シークレットヤングアイラと共にリリースされたSakuraシリーズのタリバーディンですが、サンプルの量しか飲めていませんが、結構美味しいボトルでした。香りは最初フルーティーでしたが、時間経過でミルクキャンディーやバニラなどのらしい香りが前面に出てきており、またタリバーディンらしい草っぽさが梅の花のように振れるようにも感じました。樽感やえぐみがあってスパイシーではありますが、タリバーディンとかにある草っぽさがそんなに強くなくて、度数も程良く落ちて飲み頃と思います。やや樽のネガティブさも感じられるので微妙なニュアンスが全く無いわけではないですが、程よいらしさがあります。個人的にはこういうボトルは好きです。
SAKURAというネーミングセンスがしっくり来る、良リリースだと思いました!
 
 
 
 

 

 

アベラワー 16年 2016年ボトリング ハンドフィルド シェリーカスク 56.5%

f:id:giny:20170327181348j:plain

f:id:giny:20170327181344j:plain

評価:A+

香りは硬めのプラム、スパイシー、軽くミーティー、クレヨン。
飲むとプラムのグミ、粘性がありリッチ、カカオの多いチョコレート、バニラ、シナモン。余韻はスパイシーさが残る。
 
 スペイサイドの中央に位置し、アベラワー皮時に建てられているアベラワー蒸溜所。1825-26年頃に設立されたとの記載がありますがが、どうやら事業計画の失敗でグラント兄弟が引き継ぐこととなり、1840年にはグラント兄弟がグレン・グラントを設立するために去るなどしていたようです。
現在の地に蒸溜所が建設されたのは、1879年に大規模火災が起き、当時ダルユーインを運営していたジェームズフレミングにより建設されました。ヴィクトリア朝の美しい建物だったようで、その後ロバートソンに買収されてますが、1898年にも再度火災が発生し、再建されたと行った経緯があります。
 1974年にはペルノ・リカールが買収し、その際に近代的な設備が付け加えられました。現在はペルノ・リカールシングルモルトとして、グレンリベットと共に主力のシングルモルトです。2002年にはビジターセンターを一新し、また特にフランスでは350万本を超える出荷数を誇る、ベストセラーのボトルになっています。
スタンダードクラスでは12年、18年がリリース、またカスクストレングスのアブーナもリリースされております。18年はこの前のウイスキーガロアでも高評価のボトルでした。
 
さてこれは蒸溜所で自分で詰めることの出来る、ハンドフィルドボトルです。打ち合わせのときも含め、何度か飲む機会に恵まれましたので飲んでみました。あまり複雑さはないものの、粘性が高く嫌味のないシェリーカスクで、少しオイリーや機械油のニュアンスもありましたが、純粋に美味しいと思えるボトルでした。アブーナも含めて、アベラワーは安定して良いボトルが多いですね。人によっては評価をA++位にしてもいいかもしれません。よく出来たシングルモルトだと思います。
 

テイスティング会を開きました。


f:id:giny:20170402184905j:image
f:id:giny:20170402184910j:image
f:id:giny:20170402184915j:image
f:id:giny:20170402184921j:image去る4月1日、告知通りにテイスティング会を行いました。

色々とありましたが、なんとか無事におわりました。

今回のラインナップは以下のとおり。

ブナハーブン12年

ブナハーブン18年

③ウィルソン&モーガン カリラ 1991-2000

④カリラ 25年 オフィシャル

⑤カリラ friends of classic malts向け

ブナハーブン 1988 the dance 28年 リフィルシェリー

ブナハーブン1976 39年 シェリーバット

 

 ウイスキー好きの方から、ウイスキーが好きになり始めた方まで、色々な方々がいる中でのテイスティング会となりました。今回初めて提供する側に立たせてもらいましたが、正直その難しさは結構強く感じることとなりました。どんなウイスキーであれ、まずは美味しいと思えるかどうか飲んでみないことは始まりませんが、元々嗅覚や味覚は経験が成長させるものという認識でいるため、その最たるものの一つであるハードリカーを勧めるというのは中々難しいところがあります。今回は金沢という地方都市で開くこともあり、ウイスキー好きも、取っ掛かりの人も両方満足できる会というのはかなり難しいと考えていました。その中でも少しでも皆さんにウイスキーについて新たな見識を持っていただけるか、美味しいと思えるボトルに出会えるか、この2つを目標にやってみました。

 前者に関しては、知識を深めるために作った50ページ弱のハンドブックを作ったりしましたが、これは参加者知識を揃えるための一環として作ってみました。読むのに数時間はかかりますので、成書の取っ掛かりとして、ここから更に見識を深めて戴けたらなと思っています。一部ブログ記事とも被りますが、校閲もいただき中身はかなり変えました。こちらは概ね好評でしたので、今後のテイスティング会でも使っていこうと思います。

 実際にしっかりテイスティングする暇はなかったので、自分でべらべらと喋りながら飲んでいただくことが中心でしたが、簡単に感想を書いていきます。

①12年スタンダード品はかなり良くなっている。46.3%になってからはバランスのいい甘みや樽感があり、ブナらしい良いボトルに仕上がってると思います。

②前回テイスティングした時よりも香味がさらに開き、シェリーの香味やアーシーさも出てきていました。バランス良く美味しいボトルでした。

③ウィルソン&モーガンのカリラ。カリラ好きの人は高評価の方も多かったです。9年物ですが、17年程度の瓶熟もあり、荒々しさもありつつこなれた感じがでていた、お手軽なカリラでした。

④これはバーボンメインで落ち着いたカリラでした。③より最初に飲んでもらったほうが良かったかもしれません。

⑤こちらはリフィルシェリーとリフィルバーボンのバッティングとのことでしたが、甘みが強めで、ハーブ感などの感じられるカリラでした。

⑥88ブナ。チェリーなどの原酒の甘味から、リフィルシェリーのニュアンスが徐々に出てきており、丁度飲み頃だったんじゃないかと思います。

⑦76ブナ。かなり美味しいブナと思っていますが、人によっては樽感やエグミ、渋みに近い嫌なニュアンスも少しあるため、あんまり好きじゃない人もいるようだったのが印象的でした。一時かなり樽が出過ぎていましたが、結構落ち着きました。様々な意見が聞けました。

 

 いろんなモルトを飲んで、ウイスキーに対して新しく思うことがあれば成功かと思っています。色々と改善は必要かと思いますが、地方都市というミニマムさを活かして、一丸となってモルト人口が増えていってくれれば良いなと思います。単なるドリンカーですが、その活動の一助になれれば幸いです。またこれを機に色々とやっていこうと思います。

 最後になりましたが、マクリハニッシュのマスター羽場さん、モルトヤマ下野さんには大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。

テイスティング会主催します。

エイプリルフールネタを三分ほど考えてましたが、練る暇や書く暇もなく過ぎてしまいました…

The Whisky Soapという愛好会を開き、毎月80年代ボウモアエドラダワー、グレンタレットなどを毎月送りつけるなんていうくだらない企画を思いついてましたので、いつかネタに使います。笑  

 

さて、これは本当なのですが、テイスティング会を本日開きます。既に満員となっており、新規でご案内することは出来ないのですが、またこれからも定期的にやっていただければと思います。最近ブログ更新が滞ってたのは、これの準備に追われていたからであります(配布資料が2万字超えたんですが…)。

 都市部にはかなりモルト好きが浸透している一方、地方都市は頑張っているモルトバーも沢山ありますが、中々難しい面もあると素人ながらに思っています。モルト人口やモルト文化の発展に少しでも貢献できたらなーという思いはありまして、とりあえずこのような会を開くことになりました。

 既に満員であり詳細は省略しますが、モルトヤマの下野さんのブログに書かれていますので、気になる方は見てみて下さい。

https://singlemalt-whisky.net/archives/4237

 

 

 

長濱蒸溜所を見学してきました。

先日、長濱蒸溜所に行ってきました。

偶々長距離ドライブの寄り道(寄り道ってレベルじゃなかったですが)に長濱に降りてみました。見学出来るか電話をしてみると、レストランから見たりすることが出来るとのこと。近江牛という言葉に釣られつつ、行ってみることにした次第です。

長濱インターから降りて大通りを曲がると、少し趣のある街並みを通る結構細い道を進んでいきます。「本当にこんなところに蒸溜所?ナビが間違えているんじゃ?」と思いながら道を勧めていくと、蔵を改築したと思われる建物に確かに「長濱浪漫ビール」の文字が。米蔵を改築したところのようですね。

元々はクラフトビールづくりをされており、20年程前から製造されているようです。

レストランに入り、ビールと近江牛を注文。ハンドルキーパーのため飲めなかったのですが、同乗者はヴァイツェンを気に入っていました。IPAも飲んでいましたが、Punk IPAを少し爽やかに飲みやすくした感じだったようで、ブルワリーとしての実力も伺われます。

 

 さて、見学です。遠目でしか見れませんでしたが、ポットスチルはこんな感じでした。ポルトガルのホヤ(HOGA)社製の独特の形状のポットスチルで、エデンミルなどが採用しているようです。

f:id:giny:20170330151630j:plain

f:id:giny:20170330151419j:plain

室内には樽がダンネージのように置かれていました。

f:id:giny:20170330151427j:plain

こちらは新しく詰めたものでしょうか。Lightly Peatedの記載があります。

f:id:giny:20170330151432j:plain

火入れ式で初めて詰められたミズナラ樽です。

www.romanbeer.com

f:id:giny:20170330151439j:plain

モルトミル、マッシュタン、ウオッシュバックなどはビールと供用しております。

f:id:giny:20170330151617j:plain

飲めないままの訪問だったのが残念でしたが、職人さん方が忙しなく製造管理をしておりました。今後のリリースが楽しみになる蒸溜所でした。